研究内容の紹介
除雪車の交通事故対策技術に関する研究

 積雪寒冷地では、冬期になると辺り一面雪に閉ざされ、生活道路や幹線道路において交通障害が発生するため、除雪車などの機械による除雪作業が行われています。 これらの除雪作業は、高速道路等を除いて一般車両の通行に混じって行われるため、除雪車と一般車両との交通事故(寒地交通事故)が毎年発生する状況となっています。 除雪車などの機械は、車体が大きく重量があり、除雪装置など突起物があるため、一般車両が衝突すると、場合によっては非常に大きな被害となることがあります。 また、除雪車が交通事故により壊れて修理が必要になったりすると、除雪作業に滞りが生じ、他に公共の交通手段の無い地域においては、唯一の生命線である交通網を確保できなくなったりします。
 そこで、当チーム・各支所では除雪車側の事故対策技術の研究や、除雪車を運転するオペレーターの安全講習会等を通して、一般の方々へ除雪車の特性を広く知ってもらうための提案を行っています。

k56_01 k56_02
         除雪車が関係した事故                 除雪車に搭載した
                                      ドライブレコーダーの映像


【関連サイト】

 除雪機械に注意!

 「寒地交通事故事例集」、「除雪車安全施工ガイド」ダウンロードサイト

 寒地交通事故対策に関する研究

【パンフレット等】

 パンフレット、リーフレットはこちら

【代表的な論文等】

 論文はこちら

【そのほか】

もどる