研究内容の紹介
迅速かつ効率的な凍結防止剤散布手法に関する研究

 積雪寒冷地では、冬期における凍結路面対策として、凍結防止剤(塩化ナトリウム等)と防滑材(砕石、砂等)の散布が行われています。  凍結防止剤散布作業は、凍結を事前に予測して散布する「事前散布」と、凍結が発生している箇所・区間に散布する「事後散布」を行っています。
 事後散布の実施判断は、道路巡回時等の目視による路面状態の判別に基づきますが、目視による路面判別が難しい路面状態があることから、凍結箇所の見落としや、凍結していない箇所への過剰散布のおそれがあります。
 また、道路巡回から散布作業までに時間差があり、その間は凍結路面対策がされない状態が生じていると考えられるため、凍結路面を適確に判別し、即座に対策を講じる散布技術が必要とされています。
 そこで、凍結防止剤散布車に連続路面すべり抵抗値測定装置(CFT-UT)を取り付け、路面のすべり抵抗値の連続的なモニタリングをしながら、すべり抵抗値が低い箇所を検出した場合に即座に凍結防止剤を散布する技術の開発を行っています。
 なお、本研究は寒地交通チームと連携して行っています。

k29_01 k29_02 k29_03
     凍結防止剤散布状況                  CFT-UTを搭載した凍結防止剤散布車               CFT-UT本体


【関連サイト】

 迅速かつ効率的な凍結防止剤散布手法に関する研究

【パンフレット等】

 パンフレット、リーフレットはこちら

【代表的な論文等】

 論文はこちら(リンク先の一番上に表示されます)

【そのほか】

もどる