研究内容の紹介
積雪寒冷地における河川用機械設備の維持管理手法に関する研究

 河川用機械設備は、洪水被害防止や利水取水制御のために設置されているもので、国民の安全安心な生活を提供していくうえで欠かすことのできない社会基盤施設です。
 これらの機械設備は今後10年で約40%が設置後50年を超えるなど老朽化の進行に伴う信頼性の低下それを回復するための維持管理費用の増加が問題となっています。
 一方で公共事業予算は年々削減されている現状にあり、設備の延命化や信頼性を確保しつつ効率的で効果的な維持管理が求められています。
 そこで、積雪寒冷地における河川用機械設備の劣化状況や環境条件、運用実態等の現地調査等を行い、その結果を基に簡易で的確な劣化診断手法と維持管理手法について検討し、その手法を確立することにより、公共事業コスト縮減と安全で快適な国民生活の確保に寄与することを目的とした研究を行っています。

j30_01
    【検討例】潤滑油の性状分析を行うことによる、河川用機械設備の簡易劣化診断手法の検討


【関連サイト】

【パンフレット等】

 パンフレット、リーフレットはこちら

【代表的な論文等】

 論文はこちら(リンク先の一番上に表示されます)

【そのほか】

もどる