研究内容の紹介
冬期道路の走行性評価技術に関する研究

 積雪寒冷な地域では、冬期における走行環境の悪化(路肩堆雪による道路幅員の減少、路面凍結による路面すべり抵抗値の低下、積雪による路面凹凸、吹雪時の視程障害等)に伴い、冬期旅行速度の低下や冬型事故が発生するなど、道路利用者の満足度が低下します。
 しかし、冬期における走行環境を計測する技術は開発されていないため、冬期走行環境が走行性(道路利用者の満足度)に与える影響については評価がされていません。
 そこで、効率的に冬期道路管理事業を進め、道路利用者の満足度を向上させるため、「冬期走行環境の計測技術の開発」、「冬期の走行環境が走行性に与える影響の評価」について研究を行っています。
 なお、本研究は寒地交通チーム、雪氷チーム、寒地道路保全チームと連携して行っています。

j21_01
             車道有効幅員の計測イメージ

【関連サイト】

【パンフレット等】

 パンフレット、リーフレットはこちら

【代表的な論文等】

 論文はこちら(リンク先の一番上に表示されます)

【そのほか】

もどる