研究内容の紹介
低温積雪時に発生する出水災害の影響分析と対策技術に関する検討

 近年、北海道では冬期でも降雨があり、周囲の雪を融かすため、雨量以上の洪水被害となる場合があります。特に低温積雪条件下では、凍結により排水機場などの施設が使用出来ない場合は、排水ポンプ車での対応に頼らざるを得ないが、冬期間は除雪の必要性や現場状況の悪化等、作業を遅延する要因が増えます。
 本開発は、多様化する現場の状況を踏まえて、既存の排水ポンプを利用し、汎用性を持たせた設置支援装置を開発することで、柔軟な現場対応と共に、排水ポンプの安全且つ効率的な設置・回収を図ることを目的としています。

排水ポンプ設置支援装置(自走型)試作機

【関連サイト】

【パンフレット等】

 パンフレット、リーフレットはこちら

【代表的な論文等】

 論文はこちら

【そのほか】

もどる