研究内容の紹介
雪氷処理の迅速化に関する技術開発

 北海道における国道の除雪延長は年々増加していますが、除雪費は道路維持管理に関わる経常経費の縮減により、減少傾向にあります。よって道路利用者の旅行速度確保などのニーズに対応するためには、積雪状況の変化や除雪状況をリアルタイムに把握し、迅速で効率的な除雪作業をマネジメントする必要があります。
  また、豪雪災害などの緊急時には、除雪機械が不足している現場に対し、除雪機械を弾力的に運用し、除雪作業の応援を行う手法が必要です。
  そこで、除雪機械の動態を、GPS及び各作業センサにより把握・蓄積が可能な基幹システムをベースに、様々な道路管理データ(気象、通行規制、道路カメラ画像)を相互連携させ、除雪機械を効率的に運用させることを支援する、除雪機械マネジメントシステムの開発に取り組んでいます。
  これにより、雪氷処理を迅速化させ、道路維持管理業務のより一層の効率化、高度化を目指しています。

除雪機械位置・作業履歴の確認画面

【関連サイト】

【パンフレット等】

 パンフレット、リーフレットはこちら

【代表的な論文等】

  除雪機械等情報管理システムの展望-除雪機械等管理運用マネジメントシステムの開発  (平成20年度 建設施工と建設機械シンポジウム)

  除雪機械等管理運用マネジメントシステムの開発(第24回(平成20年度) 寒地技術シンポジウム)

  除雪機械等管理運用マネジメントシステムの開発(第21回(平成20年度)ゆきみらい研究発表会)

  運搬除雪雪量計測システムの開発(第22回(平成21年度)ゆきみらい研究発表会)

  除雪機械のリアルタイムな位置情報を活用した除雪工区の弾力的な運用システムの開発(雪氷研究大会2009 in札幌)

  DEVELOPMENT OF A SYSTEM FOR THE FLEXIBLE SHIFTING OF SNOW REMOVAL SECTIONS USING REAL  -TIME POSITIONING INFORMATION ON SNOW REMOVAL MACHINERY  (Quebec 2010 The XIIIth International Winter Road Congress)

【そのほか】

もどる