研究内容の紹介
防雪対策施設の性能評価に関する研究 (雪氷チームと連携)

 本テーマは雪氷チームとの共同テーマですが、寒地機械技術チームが行っている内容としましては、模擬実験により防雪柵など防雪対柵施設の性能評価を行うための手法を検討しています。
 多くの種類が存在する防雪対策施設の性能を適切に評価して、防雪対策施設の効率的な設置・配置を行えるようにすることを目標としています。 風洞と呼ばれる実験装置内に模擬雪を吹かせて吹雪を再現し、そこへ防雪対柵施設の模型を設置することにより生じる吹きだまりや風速等を計測して実際の現象と比較することにより、模擬実験による現地の再現性を高める実験条件の検討等を行っています。

風洞実験装置

風洞実験状況


【関連サイト】

【パンフレット等】

【代表的な論文等】

 論文はこちら

【そのほか】

もどる