研究内容の紹介
岩盤・斜面崩壊の評価・点検の高度化に関する研究 (防災地質チームと連携)

 本テーマは防災地質チームとの共同テーマですが、寒地機械技術チームが行っている内容としましては、岩盤斜面災害時に緊急的に観測等を行う技術の開発を行っています。
岩盤斜面災害が発生した場合には、二次災害の恐れなどから現場に近づくことができない状況や、地上からでは災害箇所の全体像が把握できない状況となることがあります。このような状況であっても、災害復旧作業を行うために必要な地形情報などを迅速に得る目的で、地上の状況に左右されずに上空から災害箇所の観測を行うことができるラジコンヘリコプターを有効に活用する観測技術などについて開発を行っています。


【関連サイト】

【パンフレット等】

 パンフレット、リーフレットはこちら

【代表的な論文等】

 論文はこちら

【そのほか】

もどる